无奈的败给生活

年少时,破碎的梦。最华丽的泪水在零点零分滑落,时光尘封一切过往。不经意间触碰,却痛到落泪。我们十八了!
  
  一次次的冲上去,把自己弄到遍体鳞伤。扬起那头颅,不让泪水滴落。那受伤的孩子的坚强,躲着被窝里无声的哭泣,好似泪水重未来过。却痛到刻骨铭心。最后无奈的被记忆所折磨。
  
  拖沓着水色的时光,各自扣紧行囊,青春总有一个人会先走,十几岁的年龄装着懵懂的爱情,却忽略了年华开到了萎靡,苍白又作何意义。究竟有多少永远值得坚持,又有多少坚持又配的上永远。
  
  如果可以多少人,宁愿选择不相遇,选择忘记,也许只是转身一个距离。亦是往昔何须忆,忘与不忘终已是过去。
  
  年少时,我们因谁因爱或只因寂寞而同场起舞,沧桑后,我们因何因故寂寞如初,却行徒陌路。
  
  时光总是不经意间从我们指间流逝而过,我们能抓住的唯有记忆,包括悲伤的,美好的过往,青春,总有一些疼痛让我们刻骨铭心。
  
  在青春的路上,我们也许会遇到一些人,如果对方不喜欢自己,自己就会去死。在死的路上,又因各种各样的理由活了下来。死亡不可怕,因为逝者是不知道自己已经逝去的。只有那时我们才会想起我们美好的过往,然后长大了。死几次,活几次,然后我们老了。然后就真的死了。
  
  我们在闲暇的时刻总会想事情。那些或是悲伤,或是欢乐的事情。然而我们对感情,却是那样的苍白,可笑。坚强也是那样的无助。也许期年之后,那个永远不会忘记,那个儿时所喜欢,那个给予自己伤痛,让我们落泪的女孩,在四季年月的淡化中会笑着说出来。感谢曾经的你,成就现在的我!
  
  在青春这条路上。我们会因为自己生命中行行色色的过客所难过。其实我们人人都是一条平行线。在某件事情或某人的影响下,偏转了原来的轨迹,慢慢的两个人有了交集,在一起度过短暂的时光。在一起留下一段快乐并痛苦的回忆,时光的年轮在不停的转动。人生路漫漫,交点过后是无奈的现实。彼此越行越远。悲伤哭泣过后。改变不了的现实。然后时光将伤痛打磨。慢慢尘封于记忆的最深处。那时,我们又遇到了新的人,或是伤,或是永恒。
  
  了然了牵挂,告别了熟稔,把青春路上那苦涩的果子,留到期年之后再慢慢品尝。那时我们将遇到真正属于自己的人。也许吧!轮回的更替中,谁也不会是谁的永恒。再完美的戏,终有落幕谢场曲终人散的时刻。
  
  青春,谱写着那美丽的乐章。那是我们的专属时光,经不起挥霍。那还在为情所伤的同学们。擦干泪水,雨过天晴,那是世间最美丽的虹桥。细细品味,也许梦的前方便是无限的希望。时光的年轮,永不停歇的将我们带去未知的世界,别停下脚步。因为有了因为,所以有了所以,既然已成既然,何必在说何必。
  
  细细聆听,那是谁?在我们的专属时光里浅唱。慢慢品味,属于我们的水色年华。

他の女と一緒にいたからって

「あのな、結果が出る前からつまらねえ心配ばかりするな。今、お前はあいつのことが好きで、あいつだってお前のことが好きだと言ってくれてる。それで充分じゃねえのか?」

「でも・・・」

「お前の気持ちは何一つ変わっちゃいねえんだろ?だったら来るかどうかも分らねえ悲観的な未来を妄想して自分から幸せを潰しに行くような真似はやめろ。」


原田さんの表情避孕藥は真剣だった。
いつも冗談ばかり言っている軽薄な先輩の面影はそこにはない。


「不幸なんてのはな、それが来た時に初めて対処を考えりゃいいんだ。今から考えてたって時間の無駄だろ?どうせ同じ時間を過ごすなら馬鹿みてえに楽しいことだけ考えて過ごせ。そうやってメソメソしてようが、逆にへらへら笑って過ごそうが、どうせ結果はかわらねえんだよ」


そこまで一気に捲し立てた原田さんは、じっと足下を見つめたまま黙り込んだ私の頭に手を置くとくしゃりと髪を撫でた。


「それに・・・彼氏だっていつもびくびくして顔色伺ってるお前より、言いたいこと言って笑ってるお前の方が一緒にいて楽しいに決まってるだろ?」

「原田さん・・・」




・・・私が無理をして我慢をして、それで千景と一緒にいられるならそれでいいんだって思い込んでた。



だけど千景はどうだったんだろう。
いつも彼の顔色を伺ってばかりの私と一緒にいて楽しかったんだろうか。


もしかしたら私は自分を守ることに一生懸命になり過ぎて、逆に千景の気持ちを察することに鈍感になり過ぎていたんじゃないだろうか。



「私は・・・どうしたらいいんでし緊急避孕藥ょうか」

「簡単だ。素直になりゃいいだけだろ」

「もう遅くないですか?だって千景は・・・」

「・・・遅くねえよ。」


また泣き言を言おうとした私の言葉を遮った原田さんは、私の両肩をぐいっと掴むと無理矢理回れ右をさせる。


「今日は定時退社していいぜ。ほらさっさと帰れ。」

「えっ・・・わぁっ!」


いきなり背中をどんと押されて思わずよろける。
だけど、一体何事かと振り向いた私に向かって、原田さんはびしっと人差し指をつきつけこう言った。


「彼氏と決着つけて来い」

「は?」

「さっきの女は誰なのか、それとお前はこれからどうしたいのか、ちゃんと話し合って来い。」

「原田さん・・・」

「もし明日何も答えを出さずに会社に来たら、土方さんの外回りに同行させるからな」

「ひっ・・・!そ、それだけは・・・!」


あの鬼部長と一緒に得意先を回るなんて想像しただけで心臓が縮む。
きっと生きては帰ってこられまい。


「わ、わかりました!ちゃんと話し合ってきます・・・」

「おう、頑張れよ。俺だってこれ以上お前の辛気臭い顔は見たくねえんだよ。」


焦る私を見てにかっと笑った原田さんは、「しっかりやれよ」と言緊急避孕藥って私の頭を自分の胸へと引き寄せる。


「大丈夫だ・・・もっと自分に自信を持て」

私がレストランを選ぶ時は

悪の光も天使の光も私が勝手に作った言葉ですが、女性のみなさんだったらよ~くおわかりのように、光の当たり方によって、美人さんにも醜くくも、老婆風にも見えちゃうんです。

なので、「味」の他に「お顔映り」が重要ポイント。残念ながらその両方に満足出来るレストランは今まで殆どありませんでした。

話が飛びますが、みなさんはAmway傳銷女性の「勝負おパンツ」をご存知ですよね?
知らない方のために、Weblio の解説を紹介しますね。

「下着の中で異性に見られることを意識して選定・着用するものを指す表現。意中の相手と性的な関わりを持つことが予想される場合に、気合を入れる意味合いで用いる。」

ワイルドな豹柄や、可愛いリボンが両脇に付いたものや、前面がシースルーのレースの物などがかなり行けてると思います。

うんうん、気合いの面ではよくわかります。でもね、実際に「さあ!これからエッチだあ~」っていう瞬間に、勝負おパンツをしっかり見てくれる男性がどれだけいるででょうか?

夜中過ぎに一人PCに向かいながら、ネットで「勝負おパンツ」をグーグルイメージ検索したその結果には、男性の方々はきっと大興奮するでしょうけれど。

「さあ、これからエッチだあ~」の場面では、勝負おパンツだろうが、穿き古して醤油で煮しめたような色をしているおパンツだろうが、穴が空いたおパンツだろうが、ほつれた糸がクラゲのように泳いでいるおパンツだろうが、男性たちは「早く脱いで~」とだけ思っているんじゃないでしょうか。

残念ならが女に生まれてしまった私にはそこらへんの所は今ひとつわかりませんが。

(註:上記おパンツのバラエティーは、私Amway呃人の持っている全てのおパンツコレクションを表現したものです。勝負おパンツも持っているっていう事です。えへん!)

さて、話を戻します!独身女性のみなさん! デートの度に勝負おパンツで臨むのも自分自身の気合い注入目的としてはGOOD だと思いますがが、超特急で憧れの男性の心をつかむには、「お顔映りがいいレストラン」で何度か食事する事をおすすめします。

いっくらムードが良くて、お洒落で味の良いレストランでも、お疲れ風、老婆風や不潔風に顔が映ってしまう照明を使っているレストランはダメダメ!天使風に見えるレストランがベストです!

アバンチュール好きな彼氏の為には「セクスイ風」「ワイルド風」「天使風」に変化する照明がついているレストランがおすすめ。

もし、インテリアデザイナーの方がこの記事を読んでくださっていたら、その辺のところをどうぞよろしくお願いします。

実は、最近気に入っているカフェがあるのですが、化粧室の照明だけが「悪魔の照明」なんです。鏡を見ると、変な部分に影が出来てるし、ものすごくやつれて老け顔に見えるの。この前カフェを出る直前に化粧室に入ってしまった私。お顔映りが悪い照明だとわかってはいたけれど、ものすごーく落ち込んでしまい、顔を隠すようにカフェの外に出ました。その後はしばらく憂鬱な気分でした。

「お顔映りのいい照明」を利用して魅力的に見せる……. これって罠でも何でもないのです。もちろん本人の資質が一番大切だけど、自分の体形や顔の色に一番合う洋服を選ぶのと同じ事!

みなさん、「お顔映りのいいレストラン」を頑張ってAmway呃人探しましょうね♪
お顔映り+勝負おパンツの相乗効果でデートを盛り上げましょう! 気分を盛り上げましょう!

これは私の勝手な想像である

 それにしても民主党の創業者は鳩山さんである。菅直人前首相も創業者の一人だが、おそらくは民主党に金を注ぎ込んだのは遺産対策に窮するほどに資産家のご母堂を持つ鳩山さんで、民主党の実質的オーナーだったのではないかと推測する。

 これまでの発言を見Neo skin lab 呃錢ても鳩山さんは人の好いお坊ちゃんで、次男の邦夫さんの方がもう少し人が悪そうに見える。噂雀によれば家庭内の事情が絡んでいるというが、根拠のないどうでもいい話だ。
 因みに噂雀はおそらく死語で、雀には「おしゃべりな人。またよく出入りしてそこの事情に詳しい人」(大辞泉)の意味があり、楽屋雀・吉原雀といった使われ方をする。

 まあ、そんな良くも悪くもお坊ちゃんの鳩山さんだから、こう言っては何だが生まれも育ちも悪く、粗野で権力志向ばかりが目立つ人の多い民主党では、いいように旦那扱いされて、政権を取ってしまえば能天気な旦那は不要とばかりにポイと捨てられたのかもしれない。
 もちろん。根拠はない。

 それにしても仁義も何もない。目的のためなら手段を選ばず、それまでの恩義も忘れ、平然と人を騙して嘘をつく。その人間性はマニフェスト破りなどの言動に公然と現れ、やはり人のいい谷垣前自民党総裁を騙し打ちした。
 野田さんは安倍さんにさんざん嘘つき呼ばわりされて色をなしていた。解散がそのせいだったかどうかは分からないが、いずれにしても嘘つきほど嘘つき呼ばわりされると怒る。
 私のところにも詐欺電話が良く掛かって来るが、嘘つきだとからかうと向きになって怒る。日頃のコンプレックスに針を立てられるからである。

 そういった前回総選挙では党の公約に異議を唱えなかった人たちが、今はあのマニフェストは本意ではなかった、鳩山さんや小沢さんが決めたから仕方なく従っただけだと弁解して、今度は公約に同意する証文を書かないならNeo skin lab 呃人公認しないと言って排除する。なんという自己矛盾。

 その論理からすれば、鳩山さんも同意書にサインして、当選してから「あれは本意ではなかった」と現執行部の人たちのように居直ることもできたと思うが、それが出来ないところが鳩山さんの正直さ、育ちの良さと人の良さか。
 いずれにしても、政権の中枢にいる政治家を見ていると、仁義も信義も失われ、ならず者に乗っ取られたこの国の姿そのものである気がする。

 民主党の内紛はかつての新左翼内ゲバによく似ていると、11/2/3「「あさま山荘」内閣の国会リンチ」に書いたことがある。とりわけ若手といっても50代を含むが、民主党のリーダーたちが、かつての新左翼のリーダーたちに考えも行動も良く似ている。
 古手のリーダーたちを追い出し、粛清する姿は新左翼そのもの。レーニンやスターリン毛沢東紅衛兵、終戦後の日本共産党によく似ている。民主党の若手たちはむしろイデオロギー的には新右翼かもしれないが、こういった体質は右も左も関係ない。

 ハト派の鳩山さんは正に庇を貸して母屋を取られたわけだが、この母屋は今は泥船に建っている・・・お、ようやく本題に入った。

 泥船というと一般には水に溶けて沈んでしまう船といったイメージを描くが、辞書には違うことが書かれている。
①泥を積んで運ぶ船。土船。②歌舞伎で、箱の中Neo skin lab 傳銷に泥を入れて舞台に置き、泥の池や田んぼに見立てたもの。また、その箱。(大辞泉
 みんなの好きな広辞苑には①のほかに、「昔噺などに出てくる泥で作った船」の意があるが、大辞林や私の持っているいくつかの辞書には泥船そのものの項目がなく、意外と一般的ではないのかもしれない。

私は親切な人間である

先日も山手線で新宿から乗っ企業培訓課程てきた80代後半と思われるお婆さんに席を譲った。もちろん優先席ではない一般席である。
 お婆さんは「すぐ降りるから」と遠慮したが、無理やり座らせた。

 昨年、7/14「チャンスはわずか1週間・・・”杏ジャム”」で、杏ジャムの作り方を紹介した。
 杏ジャムはジャムとしては一般的で、たいていはアプリコット・ジャムという名で売られている。アプリコット(apricot)・・・何を隠そうアンズの英語名である・・・知ってるって?

 いや、手作り杏ジャムとアプリコット・ジャムは全然違う! 日本語と英語で味は全然違うのである。
 八百屋で杏の実を買ってきてジャムにする。アプリコット・ジャムとは全然違う味。嘘だと思うなら、作ってみやしゃんせ。杏のフルーティな酸味は、手作りジャムでなくては味わえない。

 昨年も書いたが緊致肌膚、東京近辺の産地は長野県。今年は松代農業総合センターの杏を手に入れた。手に入れたのは私ではなく連れ合い。去年の手作り杏ジャムに文字通り味を占めて、私に作らせようと買ってきた。しかも2パック、1.4㎏。

 で、問題は、これも昨年書いたが、杏が手に入るのは七夕前の1週間だけ。去年の記事は、その1週間後に書いたので、読んで作ろうと思っても手遅れだった。
 それで、今年は「今なら間に合う手作り杏ジャム」をタイムリーに載せようと思って、夜中にこれを書いているわけだ。
 なんて親切。

 因みに杏を買ったのは昨日夕方。先程、1パック(700g)で杏ジャムを作り終わったばかり。もう1パックは明日作る予定。
 さあ、八百屋へ走れメロス・・・問題は、どこの八百屋やスーパーにもあるというわけではないこと。近所のスーパーにはなかった。買ったのは、産直特売の八百屋。

 作り方は昨年と同じだが、一応載せておく。實德金融 倫敦金因みにまだ食べていないので、パンやヨーグルトに載せた写真はなし。

俺と椰子の実との出会いは

 島崎藤村のように南の島を遠く離れた日本の海岸ではなく、南の島そのもののサイパンであった。
 あれは、まだ子reenex 效果供たちが小さかった頃で、バンザイクリフなどを見学した後に道端で観光客相手に売られていた椰子の実だった。

 子供に飲まさせてあげようと親バカを発揮して、1ドル札を渡して、ストローの差してある大きな椰子の実を買い求めたのだった。
 1杯のかけ蕎麦ならぬ、1個の椰子の実を親子で分け合ってココナッツの水を飲んだ。
 ちょうど今頃、8月初旬のことだったように思う。夏休みの宿題だとかで、星座板片手に、南十字星なんかも見たっけなあ。

 伊豆のワニ園だとか、常磐ハワイアンセンターだとか、日南海岸でヤシの木を見たことはあったかもしれないが、実は成っていなかった。
 なんせ南国、熱帯、日野てる子だもんな~。

 今年こそはココナッツ・ジャムを作ってみようと思って、サイパンのことを思い出しながらココナッツ・ジュースを飲んだ。
 あとは、中から白いココナッツを取り出すだけ。

 ケーキなんかに載っているココナッツの破片は、どうやら中の固形胚乳を乾燥させて削ったものらしいということは、ネットを調べて分かったけれど、これまで椰子の実を割ったことがないから、実際に中がどうなっているのかわからない。
 白い塊があるんだろうか、それともアボガドみたいにネチャネチャしてるんだろうか?

まずは椰子の実を割らなければいけない。
 しかし、ストロー穴を空けた時もそうだったけれど、椰子の実は結構固い。
 ネットには包丁の背で叩いreenex cps價錢て半分に割れと書いてあったが、実際にやって見るとあまり上手い方法に思えない。
 結局ストロー穴からドライバーを捻じ込んで、テコのようにして上部を刳り抜いた。
 2個目も同じようにしてやったが、多分これが正解。円形に刳り抜くと蓋のように取れる。

 中を覗くと、固形胚乳がゼリーのようになっている。
 ポリネシアン・カルチャーセンターのサイトによれば、熟すにしたがってココナッツ・ジュースが固まって、固形胚乳が厚くなっていくらしいが、それほど厚くない。
 ジュースを飲むために売られていたんだろうから、まだそれほど熟してない段階で出荷されたわけだ。

 熟してないんだろうと書いたのは、実を見ていなかったからだ・・・八百屋の椰子の実は、実の周りの部分を削られて角柱で売られていた。
 つまり熟しているのかどうかが外見からは判断できない。
 必要ない部分は削った方が重量も体積も減るし、角柱にすれば箱詰めも効率的ということ。

 胚乳を大きなスプーンで掻き出して鍋に入れ、再びネットでレシピを探す。
 ココナッツミルクを使うレシピばかりで、椰子の実で一から作るレシピがない。
 そうか、日本では椰子の実自体がさほど流通してないから、みんなココナッツミルクを使ったココナッツ・ジャムしか作ったことがないんだ。
 そのことにようやく気がついたのは、実はジャムを作ってからだった。
 ならばと、英語のサイトでcoconut jamのレシピを探してみたが、ピンとくるものがない。

 結局、見よう見まねで作ってみた俺のレシピが、とりあえずは、椰子の実で一から作る唯一のレシピということになる。
 これが最善の方法とも思えないし、固形胚乳が厚い場合はフード・プロセッサの力も借りた方がいいのかもしれない。
 いくつか研究課題も思い浮かぶが、ココナッツの味のreenex cps價錢残る甘いジャムができ上がった。

想定内のことだった

二、三日のずれはあっても、遅くとも盆休み前日の12日までには、工事は終わっているはずだと予想していた。
 理由は千鳥ヶ淵緑道ではなく、隣の千鳥ヶ淵戦没者墓苑にあった。
 8月15日には、政府・国会去暗瘡印方法の要人や政治家などが参拝に訪れる。現に、今年も福田前首相を始めとした閣僚や江田参議院議長が訪れている。

 内堀通りから靖国通りに抜ける道は、歩道の緑道部分と車道からなっている。沿道にはマンションも病院もあり、少なくとも歩行者用の通路は確保しておかなければならない。
 それで工事前半は、途中にある鍋割坂から靖国通りまでは、緑道を工事して車道を通行させ、鍋割坂から内堀通りまでは緑道を通行させて車道の工事を行っていた。

 この順番には意味があって、千鳥ヶ淵戦没者墓苑のある、鍋割坂・内堀通りの車道区間の工事を優先させた。つまり、8月15日の終戦記念日を、整備したての車道を開通させて迎えたかったわけだ。
 したがって、工事を始めたからには、何が何でもこの区間の車道工事を完了させておく必要があった。

 実際、鍋割坂・靖国通りの緑道区間は開通したとはいえ工事は完了していなかった。一方、鍋割坂・内堀通りの車道区間の工事は完了していたのである。
 福田前首相を乗せた黒塗りの車も、きっと真新しい道を走ったことだろう・・・

 15日を過ぎれば、工事区間は前半とは逆になる。そして実際、その通りになった。
 今は、鍋割坂・靖国通りの緑道と鍋割坂・内堀通りの車道が通行できて、それ以外は工事で制限されている。

 8月11日は月曜日だったが、工事醫療券関係者はこの日から一足早い盆休みに入っていた・・・

 さて、先週末に千鳥ヶ淵に出掛けた。


 ちなみに、緑道の入口のあちこちに置かれている工事用のコーンは、別に工事中のために置かれているわけではない。
 緑道が広々としたために、サイクリングロードと間違える連中がいるらしい。きっと想定外だったのだろう。それで、コーンを置いて通行を妨害し、「自転車から降りて通行してください」という注意書きを貼り出した。
 実際、自転車に乗ったまま通行しようとして、注意書きに気づいて降りる人を何度か見かけた。
 
 それにしても、このコーンはずっと置いておくつもりなのか?
 今は工事のためのガードマンがいるから自転車を降りているが、工事が終わって見張りがいなくなれば、たぶんほとんどの人が自転車で緑道をかっ飛ばすのではないか?
 人の通行を確保したつもりの拡幅が、人の通行の安全を脅かす・・・

 左の堀の木の枝を模したコンクリートの柵は、金属製の柵に変わった。更に石畳の道は、茶色の透水性のある舗装材に変えられた。
 7/27「雑草という草、雑木という木。千鳥ヶ淵緑道(工事中)」に載せた写真のブルーシートで覆われていたものの正体が、この舗装材だった。

 ところで、この舗装材は失敗だったのではないか。緑道の開通から1ヵ月半経って、早くも汚れが目立ち始めた。
 桜の実か何かが枝から落ちて舗装材に染み込み、あちこちに黒い斑点が広がっている。雨で落ちた葉が踏み敷かれて、黒ずんでもいる。
 これじゃ、全面開通までには鍋割坂・靖国通りの緑道区間の舗装は真收細毛孔っ黒けだな・・・これも想定外か。